2012年06月01日

「聞き書き」勉強会を行いました!

こんにちは、広報のIMです。

昨日、前回のブログで紹介しました「聞き書きプロジェクト」の勉強会を行いました。
震災直後から被災地で聞き書き等の活動をされた、本学社会学科教授の高田研先生と
田中夏子先生を招き、活動をする上での心構えや作法等のアドバイスをいただきました。

聞き書きの際には、聞き手がしっかりとした目的(何を聞きたいのか)を持ち、かつ
事後作業(どう活用するのか)を徹底すること、それがなければ聞き書きはかえって
「調査という名の暴力」になるとのことでした。
また他方で、今被災者が何を望んでいるのかを考慮することも大切であり、こちらの目的と
向こうのニーズをどうすり合わせできるかが活動の良し悪しを左右するともおっしゃっていました。

被災の現状を知りつつも、先入観を持たずに被災された方々とどう向き合っていくのか。
勉強会を通して、VS内で活動の方向性や目的を再確認する必要性を感じた次第です。

      DSCF2520.JPG







posted by VS スタッフ at 12:14| Comment(3) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。