2012年11月06日

「現代社会と市民参加」に講師として参加しました!

こんにちは!今年も残すところあと2か月ですね。
紅葉も始まり大学の周りの山もずいぶん賑やかになりました。

さて、だいぶ時間が空いてしまいましたが……。
10月14日に都留文科大学の社会学科:千葉先生の授業「現代社会と市民参加」にVS(バーサス)の代表(宮下)とスタッフのねづが講師として参加させていただきました。

授業の内容は
〇VS(バーサス)の成り立ち(結成までの経緯)
〇結成からこれまでの活動
〇活動先で出会った人との関わり
〇都留市民との関わりと都留市での活動
〇これからの活動
です。

学生は約120人!これまで報告会・講演会・授業での講義を行ったことはありましたが
こんなに大勢の学生の前で話をするのは二人とも初めてでした。

授業ではパワーポイントを使いながら説明をしていきます。

DSC_8283.JPG

授業が始まる前は「話を聞いてくれるかなー」「興味を引くような話ができるかなー」と心配もありましたが
、私たちが話し始めると、びっくりするくらいみんな真っ直ぐ前を向いて話を聞いてくれまいた。

DSC_8284.JPG
【話をするしましま服のスタッフ】

授業のなかでは、ただ私たちが話をするだけではなく「学生に問いかけること」を意識しました。
ただ私たちが一方的に情報を渡すのではなく、話を聞いている相手(学生)の反応をしっかりと受け取ることによって意識に働きかけることが出来るのではないかと思ったからです。

今回私が感じたことは「みんな自分なりに震災について・ボランティアについて考えている」ということと、「それをみんなと共有する場」の必要性です。
震災から一年半以上が経過し、日常生活のなかで「東日本大震災」に対して意識を働かせることが少なくなってきていると思います。
でも、みんな心の中には「なにかもやもやしたもの」を抱えていて、完全に意識の中から震災のことが消えてしまっているわけではありません。
その心のなかの「もやもや」を外に出して、行動に移すことが出来たらいいなあと思います。
そして私たちVSが思いを行動に結びつける手助けをしていきたいなあと今回の授業への参加を通して感じました。


貴重な機会をくださった千葉先生、ありがとうございました!


MIYASITA

posted by VS スタッフ at 15:42| Comment(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。