2012年11月06日

「現代社会と市民参加」に講師として参加しました!

こんにちは!今年も残すところあと2か月ですね。
紅葉も始まり大学の周りの山もずいぶん賑やかになりました。

さて、だいぶ時間が空いてしまいましたが……。
10月14日に都留文科大学の社会学科:千葉先生の授業「現代社会と市民参加」にVS(バーサス)の代表(宮下)とスタッフのねづが講師として参加させていただきました。

授業の内容は
〇VS(バーサス)の成り立ち(結成までの経緯)
〇結成からこれまでの活動
〇活動先で出会った人との関わり
〇都留市民との関わりと都留市での活動
〇これからの活動
です。

学生は約120人!これまで報告会・講演会・授業での講義を行ったことはありましたが
こんなに大勢の学生の前で話をするのは二人とも初めてでした。

授業ではパワーポイントを使いながら説明をしていきます。

DSC_8283.JPG

授業が始まる前は「話を聞いてくれるかなー」「興味を引くような話ができるかなー」と心配もありましたが
、私たちが話し始めると、びっくりするくらいみんな真っ直ぐ前を向いて話を聞いてくれまいた。

DSC_8284.JPG
【話をするしましま服のスタッフ】

授業のなかでは、ただ私たちが話をするだけではなく「学生に問いかけること」を意識しました。
ただ私たちが一方的に情報を渡すのではなく、話を聞いている相手(学生)の反応をしっかりと受け取ることによって意識に働きかけることが出来るのではないかと思ったからです。

今回私が感じたことは「みんな自分なりに震災について・ボランティアについて考えている」ということと、「それをみんなと共有する場」の必要性です。
震災から一年半以上が経過し、日常生活のなかで「東日本大震災」に対して意識を働かせることが少なくなってきていると思います。
でも、みんな心の中には「なにかもやもやしたもの」を抱えていて、完全に意識の中から震災のことが消えてしまっているわけではありません。
その心のなかの「もやもや」を外に出して、行動に移すことが出来たらいいなあと思います。
そして私たちVSが思いを行動に結びつける手助けをしていきたいなあと今回の授業への参加を通して感じました。


貴重な機会をくださった千葉先生、ありがとうございました!


MIYASITA

posted by VS スタッフ at 15:42| Comment(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

青年海外協力隊

こんばんは!

都留はもう風が冷たく、朝と夕方は長袖が必要な気候になってきました。
みなさん風邪などはひいていませんか?
10月1日から後期の授業が始まり、想いプロジェクトも着々と進んでいます。

昨日はパラオとバヌアツから青年海外協力隊の「絆プロジェクト」で来日している
大学生と高校生と交流する機会がありました。
VSからは5人のスタッフが参加しました。

中学校から大学まで英語を避け続けてきた私ですがなんとか身振り手振りでコミュニケーションをとることが出来ました!感動!

4つのグループに分かれて「私たちが災害に備えて準備できること」について話し合いました。
私たちのグループでは「いざというときにみんなで助け合っていくためにコミュニケーションをとること」という意見が出ました。

海外に住む方たちと「災害・防災」について話し合う機会をいただけて本当に有意義な時間でした。

最後は握手して・ハグして・写真を撮って・バスを見送りました(^^)
posted by VS スタッフ at 22:17| Comment(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

釜石調査から帰ってきました!

9月25日、20時に都留文科大学を出発した釜石津波調査隊。
3日間の調査を終え、29日の朝4時半に無事大学に帰ってきました。

メンバーは先生が4人と先生方のゼミ生・VSスタッフが17名の計21名の参加でした。

「津波の調査」という初めての活動で不安もありましたがみなさんのご協力で無事3日間を終えることが出来ました。
震災から1年半以上の時間が流れ、どんどん「過去」へと変わっていくあの日の記憶。
お話をしてくださる方々は辛かったり、悲しかったり、苦しい思いを私たちに話してくださいます。

それを目に見えるカタチに残し、後世へと伝えることが今回の私たちの役目です。

P9272116.JPG【仮宿漁港から】

ここから録音データの書きおこし作業、追加調査などを経て4月に報告書を完成させるまで、ひとりひとりが責任をもって作業にあたります。


今回の調査では釜石市にある小学校に宿泊し、夕食は自炊でした。
お茶っこに来ていたお母さんからお漬物やプラム、大根やねぎを頂いたり、お仕事をしていたお父さんとお話をしたり。おさんぽ中のお母さんに挨拶をするととっても素敵な笑顔が返ってきたり。

毎回東北に足を運ぶたびに、私たちを快く受け入れてくれる人たちに心が温まります。

P9272173.JPG
【約25人分の夕食を作るのは初めての経験でした】

P9272175.JPG【夕食の様子】




最後に。
今回の調査にあたって、忙しい中ご指導してくださった先生方
これまで釜石で活動してきた学生ボランティアのみんな
三陸ひとつなぎ自然学校のジョイさん、伊藤さん
美味しいごはんを準備してくださった「あんでるせん」さん、中村商店さん
車中泊や夕食に自炊といった状況の中さまざまな場面で協力してくださった参加者のみなさん
そのほか調査にかかわってくださったたくさんの人たちに心から感謝いたします。
本当にありがとうございました!


MIYASHITA
posted by VS スタッフ at 20:22| Comment(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。