2012年03月15日

【釜石報告】番外編〜広報が見た釜石〜

こんばんは、広報担当です。

今回の釜石ボランティアでは初めて、ブログを担当している広報二人がそろって現地入り
し、釜石から活動を報告し続けました。私たち二人が見て、聞いて、感じたことをここに
載せたいと思います。まずは、広報ATから。


 広報担当ATです。
 私は今回、11月のボランティア活動ではバスで通過するだけだった釜石の地を、初めて踏みしめることができました。3ヶ月半前とあまり変わらないように見える商店街を実際に歩き、破壊された一階部分や壁に残った水の跡等を見て、その被害の大きさを改めて感じました。しかし、工事現場に何度も遭遇し、土台などを作っている所を見て、復興への歩みを実感したのも確かです。釜石の人たちは本当に温かく優しい方々で、そんな皆さんに、一時も早く心の安寧が訪れるよう願うばかりです。

 また、私は「かまいし復興の祈り」において切符販売のお手伝いをさせていただきましたが、声を張り上げてお会計することくらいしかできませんでした。しかし、多くの方が切符を求めていらっしゃったこと・2000枚を完売できたこと、とても嬉しかったです。切符の収益は三陸鉄道への寄付となると聞いたとき、前回のがれき撤去作業の際に見た線路が、大きく捲れ上がっていたことが思い出されました。地域の方々の足である路線の復旧を、心より願います。

 そして最後に。私事ではありますが、私広報ATは今月をもってVSを離れます。
思い起こせば去年5月、地震を受けて自分にも何かできないかとの思いから、動き出したばかりのVSに飛び込みました。いろいろ迷惑をかけつつ、それでもVSに参加できたことはとてもありがたかったです。広報新リーダーIMはとてもしっかりしているので、何の心配もなく任せることができます。至らない広報でしたが、今まで関わってくださった方々、本当にありがとうございました。


続いては広報IM。

 私たち都留文チームは10日の朝、釜石に入った。湿った雪の舞う中心街を見渡してみると、復旧相半ばな光景が何度かつづいた。真新しいローソンの隣にはつぶれた一軒家、という具合に。整備されたところと、そうでないところの差が明らかだ。私は7月に宮城の気仙沼に行って以来の被災地だが、気仙沼の時は遠くの海が見えるほど何もない光景が広がり、正直自分の中で状況の咀嚼が困難だった。何をどうとらえていいのか、わからなかった。だが、今回の釜石は違った。もっとも、あの震災から月日がたち一年を迎えようとしているのだから違って当然である。ただ、何もない更地状態よりも、鋭く現状を突き付けられている気がした。
 
 中心街を抜け、山を一つ越えると、気仙沼の記憶がよみがえった。小高い丘のような瓦礫が雪をかぶって居座り、ごめんねとばかりに仕方なく佇んでいる。道路脇にぽつんと立つ選挙看板が実に見苦しく、空疎なものに感じられた。
 
 私は今回の釜石で、改めていろいろな「差異」を感じた。先に記した中心街の整備、未整備の差。中心街と外れの差。被災者と非被災者の差。そして、当事者(被災地と関わりをもっている人)と非当事者の差…。その差の中に現実があり、人、モノ、カネの動く余地がある。人にはそれぞれ役割があるのだとすれば、私たち文大生は当事者と非当事者をつなぐのが役割であり使命であると思う。現に「想いの木」はそのためにつくられた。ある参加メンバーの方がいっておられたが、今回の震災は間違いなく日本全体に突き付けられた課題である。本当は、そんな時に「被災者」「その他」で切って分けられる問題ではない。ことばはむずかしい。物事を区切ることは、思いや気持ちを区切ることでもある。つまり「その他」でもって、あの震災から目をそらすこともできる。
 
 だから、VSはこれからも、山梨と被災地をつなぐ頑丈な橋でありたい。媚びることなく、へつらわず、まっすぐに被災地と向き合いたい。少なくとも、物理的な隔たりは何もないのだから。




posted by VS スタッフ at 22:10| Comment(4) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

釜石スケッチU 人・ぬくもり・未来

〈1日目〉
       P3100420.JPG
       うーの!はまなす商店街で

       P3100470.JPG
       モザイクアート、富士山もお目見え

       P3100437.JPG

       DSCF2051.JPG

       P3100477.JPG

       P3100484.JPG
       たのしいひととき、あかるいえがお

       
       宝来館での夕食の様子、ホントおいしかったなあ

〈2日目〉
       P3110527.JPG
       宝来館前の根浜海岸、手すりが何かを訴えかけているかのよう

       P3110545.JPG
       「復興の祈り」では、記念ろうそくも販売しました

       P3110598.JPG
       「想いの木」から

       P3110669.JPG
posted by VS スタッフ at 23:26| Comment(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釜石ふりかえり会

こんばんは、広報のIMです。

きょうは、先日の釜石ボランティアのふりかえり・反省会を行いました。

以下に感想を一部載せておきます。

  ・現地の人々の喜ぶ姿にやりがいを感じた。
  ・「想いの木」という双方向的なやり方がよかった。
  ・「モザイクアートして何の意味あるの?」とはじめ思ったが
   それで喜ぶ人がいることが分かった。
  ・「人」としてかかわることができてよかった。
  ・「釜石ファン」の一人として、また人と逢いたい。
  ・一口に「釜石の人々」といっても、津波の被害受けた人と、そうでない
   人がいることを認識した。
  ・「想いの木」のメッセージを釜石の人に頼むことについて。未だ心に傷
   がある方に頼むことはいいことなのか悩んだ。おこがましいとも思った。
  ・私たちは「3.11」を「迎える」気持ちでいたが、被災者の方々は口々に
   「今日(3.11)を乗り越えないと」とおっしゃっていたのが印象的だった。
  ・メディアなど伝えることで、動く人がいる。
  ・(「想いの木」のテーマである)「希望」にまで気持ち的に達せない人が
   現地の人々の中には少なからずいるということを認識した。それでも、今回
   の企画で「うれし泣き」された方もおられて、やった意味あったのかなと思う。
  ・「想いの木」はコンセプト、また視覚的にもわかりやすくて、(釜石の人々
   に)伝わったのでは。
  ・被災地の人とは分かり合えないと壁を作るのでなく、相手を想像することが
   大事だと思った。
  ・被災者またボランティアにかかわっている人/そうでない人、両者の間を埋める
   のがVSの使命だと思った。
  ・「復興」はゆるくてもいいと思った。(がれきとか、そういうものは除いて)
   まだ、被災者の中には気持ちの整理すらついていない人がいる。だから、そこに
   完璧な復興イベントを(こちらが)求めたり、「してあげよう」というのはどこ
   か違うように感じた。
  ・世界は理不尽で満ちている。一方、それを知らずに生きていける人がいるけれど
   やはり、知ることが大切と思う。
  ・被災していない人たちは、もっと「現実」を直視することが大事だと思う。
   そして、それに対して腹をくくることが必要。


やはり、いつの時も自分たちの活動の意味やそれが本当に正しいのかどうか
(誰にとって正しくて、誰にとっては正しくないのか)、考えさせられるものです。
それでもそれによって勇気づけられる方々がいるわけで、これからも継続的に被災地と関
わって行くことが大事だと思います。

今回のリーダーも言っていましたが、震災に関して被災者ではない人たち(つまり私たち)と
どう向き合い、何を伝えるかがいま一番求められているように感じてなりません。

「想いの木」は今後、私たちの大学のある山梨県都留市で公開する予定です。
posted by VS スタッフ at 23:01| Comment(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

釜石スケッチ

       DSCF1965.JPG   
       出発直前


〈1日目〉
       DSCF1977.JPG
       久しぶりの再会 

       DSCF1974.JPG
       名物「チョロギ」、おせち料理の定番です

       DSCF2014.JPG
       現地スタッフとご挨拶

       DSCF2043.JPG
       うーの!はまなす商店街のパン屋「あんでるせん」にて

       DSCF2048.JPG
       商店街の壁にモザイクアート。この日は1階部分がほぼ完成

       DSCF2051.JPG
       商店街のごはんや「松の根亭」にて

       P1000400.JPG
       うちのリーダーねづ(左)とねおすのスタッフ

       P1000405.JPG
       最後はキャンドルナイト

       DSCF2063.JPG
       宝来館に到着

       DSCF2062.JPG
       豪華な料理に舌鼓を打つ


〈2日目〉
       DSCF2087.JPG
       宝来館外の松林の近くには未だ多くのがれきが

       DSCF2109.JPG
       三陸鉄道釜石駅近くの「復興の鐘」 鎮魂の響きです

       P1000434.JPG
       午後2時46分、鐘を囲んで黙とう

       P1000470.JPG
       午後4時、「復興未来行き」切符の販売開始!

       P1000453.JPG
       駅前には長蛇の列

       IMG_4070.JPG
       これが噂の切符、「諦めない限り」有効です

            P1000484.JPG
            駅のホームまでの通路をキャンドルで演出

       P1000504.JPG
       これが「想いの木」山梨バージョン

       P1000505.JPG
       釜石バージョン(桜)満開です

       P1000480.JPG
       釜石の皆さんの想いがどんどん木に張られてゆきます

       P1000514.JPG

       P1000518.JPG

       P1000517.JPG

       P1000545.JPG
       鐘の周りをキャンドルでライトアップ

       P1000547.JPG

            P1000548.JPG
            震災直後、暗闇の中で人々の心を慰めたのが
            ろうそくの灯りでした。単なる「演出」ではなく、
            灯りには「希望」の意味合いが込められています。


〈3日目〉
       P1000584.JPG
       朝、小雪の舞う宝来館前で

            P1000627.JPG
            釜石大観音

       P1000691.JPG
       展望台からの眺め

       P1000689.JPG

       P1000708.JPG
       この日のお昼は新華園の「釜石ラーメン」、細いちぢれ面と
       あっさりスープの相性抜群!なんでも、鉄工所で忙しく働く
       人たちが食べやすいように細麺にしたんだとか

       P1000712.JPG
       ねおすスタッフのお二人(一番左は伊藤さん)
       今後も各自、ボランティアのコーディネイトや郷土の
       食材を生かした人の輪づくりをされるそうです。
       これからもお世話になります。

       P1000710.JPG
       釜石出発直前、皆いい笑顔です。


       DSCF2047.JPG
       頑を張るんじゃなくて、顔を晴らなきゃ!

          
                                         おわり
posted by VS スタッフ at 18:58| Comment(4) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【釜石報告】3月12日の活動!

こんにちは、広報のIMです。

都留文ボランティアチーム一行は今日の未明、無事都留に帰還しました。
バスの運転手の鈴木さんには、私たちの足となっていただき、大変お世話に
なりました。また、今回の企画もひとえにNPO法人ねおす釜石現地スタッフ
の伊藤さんや宝来館の皆さんのご協力の賜物です。本当にありがとうございました。


それでは、昨日12日の活動報告です。

12日は午前中、伊藤さんの案内で釜石大観音を見物しに行きました。(写真)

       P1000627.JPG

鎌崎半島の先端の高台にそびえ、海を航行する漁師さんの目印にもなるという
高さ50メートル近くの大観音です。(1970年建立)
海抜120メートルの展望台からは、雄大な太平洋を一望することができます。

そしてこの観音様も、3.11の「目撃者」です。

大観音の目線の先には、ギネスにも登録された世界最大級の防波堤があります。
2009年に完成し、初めて耐震設計を導入した防波堤として知られていました。
しかし、去年の大津波で大きく決壊し、結果釜石に甚大な被害をもたらしました。

   P1000620.JPG
   写真中央の黒い横線が、津波で決壊した「釜石港湾口防波堤」

ただ、伊藤さんの話によると、この堤防が市内への津波の到達時間を約6分
遅らせたのも事実であり、その6分間の間にどれだけのことができただろうか
と自問自答するように語っておられました。

この日の海はとても穏やかで、パステルカラーの淡いブルーがどこまでも
続く空と陸を抱えて、静かに時を刻んでいるかのようでした。

平和を祈念し、度重なる自然の猛威に信仰心で立ち向かった人々の想いが、
この大観音には宿っています。




posted by VS スタッフ at 16:20| Comment(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

【釜石報告】3月11日の活動!

こんばんは、広報担当ATです。

「あの日」からちょうど1年が経ち、日本中で様々な祈りが捧げられたことと思います。

私たちVSは、岩手県釜石市にて「かまいし復興の祈り」という催しに参加させていただきました。

この催しは釜石駅前で復興の鐘を打ち、キャンドルを灯して明かりのもとで祈ろう、という主旨で行われ、
加えて「釜石発→復興未来行き切符」という切符(実際には使用不可)を販売し、
その収益を、現在運行停止中の三陸鉄道へ寄付するというプロジェクトも実現。

私たちは、切符へのナンバリング・切符の販売などをお手伝いさせていただきました。

     image/2012-03-12T21:29:18-1.jpg ←なかなか乾かないインクに苦戦!


     P1000470.JPG ←切符販売の様子。


また、実行委員会の方々のご理解により、VS独自企画「想いの木」も無事に成功しました。

これは、山梨で募集した東北へのメッセージをツリーにし、釜石の皆さんのメッセージもそれに加え、
遠く離れたお互いの想いを共有するという目的で、準備を進めてきました。

結果、山梨でのメッセージが予想以上に集まり、想いの木を急遽、山梨(緑)・釜石(桜)の二本に増やし、
復興の祈り当日には、釜石の方々のメッセージで、想いの桜が満開になりました。
(この「想いの木」は二本とも、山梨県都留市で公開を予定しています。)

     P1000484.JPG
      ↑三陸鉄道のホームまでの道を、キャンドルでライトアップ。


他県の学生である私たちが、このような催しに参加させていただくことができたこと、
本当にありがたく感じています。

今回のVS独自企画のリーダーは一年生だったのですが、本当に頑張っていました。

大きな被害を受けたわけではない私たちと、大きく辛い傷を負われた被災地の方々。
何もできない私たちですが、被災地の方々との触れ合い、想いを通じ合わせることで
何かが生まれることを信じたい、という、彼の言葉が印象に残りました。
posted by VS スタッフ at 21:48| Comment(2) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あの日」から1年 宝来館の1年

DSCF2080.JPG
3月11日付 岩手日報

おはようございます、広報のIMです。


私たちは今回のボランティアで岩手県釜石市に滞在しています。
釜石市は岩手県の南東部に位置し、人口4万人に満たない小さな街です。
好漁場のリアス式海岸を有し、製鉄業が盛んな「鉄と魚のまち」です。

市中心部から北東に車で15分、鵜住居(うのすまい)地区にある民宿
「宝来館」に私たちは今回宿泊しています。

DSCF2064.JPG DSCF2065.JPG

道路を挟んで民宿の向かい側には青々とした松林が広がっており、すぐ先
には根浜海岸があります。

太平洋を望むオーシャンビューが売りのこの民宿も3.11の被害を受けました。

震災直後、比較的地盤のいい宝来館は揺れの被害はあまりなかったそうです。
しかし、海岸の波が次第にひき始め、数百メートル先の海底まで見えた、と
現地の人々はおっしゃていました。その後、一気に津波が押し寄せました。

津波が宝来館の2階部分まで押し寄せ、周りに避難を促していた女将さんと
ほか3人が一時波に飲み込まれました。無事、4人は何とか裏山に上がり九死に
一生を得ましたが、それ以降宝来館は避難所となり(一時は120人以上が避難)
、今年1月にリニューアルオープンを迎えるまで多くの困難を経験してきました。

8月には、宝来館前の松林にて世界的指揮者の佐渡裕さんがオーケストラを
率いて演奏会を行うなど、この民宿は復興のシンボルとしても市民に親しまれてきました。

現在は1月の再オープン以降、震災以前を上回るほどの活気に包まれています。
また、女将さんが考案された地域復興構想「どんぐりウミネコ村」の企画も同時
進行中です。

DSCF2063.JPG
館内の様子(一階ロビー)

女将さん達のあたたかい笑顔と三陸海岸の海の幸をふんだんに使った料理、そして
昔から変わらぬオーシャンビュー。ぬくもりと震災の記憶をたどりに、皆さんも
ぜひ一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

以下に女将さんのコメント(パンフから抜粋)と連絡先を載せておきます。

 このたびの震災では、多くの方々から温かい励ましのお言葉、またご支援をいただきました。ほんとうにありがとうございました。毎日、生きることに精一杯で、皆様になかなかお礼のご挨拶もできず、大変申し訳なく思っています。
 一時は宝来館の再開をあきらめかけましたが、時間もたち、おかげさまで、今では再生に向けて少しずつ前を見ることができるようになってきました。やはり、わたしはこの地で、宝来館で生きていくことが使命だと感じています。
 この「海と山と風と人」があるすばらしい空間(わたしは世界一だと思っています)・これまで地域のみなさんといっしょにつくりあげてきた空間を、もう一度、そしてなお新しく再生し、みんなの村づくりをしたいと思いを新たにしています。
 つたないわたしの思いですが、お礼のご挨拶も含めて、ここに記させていただきます。多くの方々に、この〈どんぐりウミネコ村〉づくりに参加していただけたらうれしいです。
 東北は、かならず復興します。これからも応援をお願いいたします。
 みんなでやっぺし! 生きっぺし!   
                              宝来館女将 岩崎昭子

DSCF2086.JPG
この海と、生きてゆく

宝来館 TEL 0193-28-2526/FAX 0193-28-1288
〒026-0301 岩手県釜石市鵜住居町20-93-18
http://houraikan.jp/



posted by VS スタッフ at 08:01| Comment(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。